新しい生活を始める時って、わくわくするのもありますが、引っ越しの手配をすることを
考えるとちょっと面倒くさて後回しにしがちです。
選択肢も色々あります。

近いし友達が手伝ってくれるから、レンタカーだけ借りてなんてこともありました。
でも、結局手伝ってもらったお礼に粗品を渡したり、ご飯をおごったりで、引っ越し業者に
頼んだのとそんなに変わらなかったのでは?ということも。
色々気を使って、苦労するよりも単身パックなどを利用して、お得に引っ越すのがベストでしょう。

引越し代金は一人暮らしの場合大体どのくらいが相場でしょうか?
荷物が少なめなら断然単身パックがお得です。普通のプランだと5万円が、1万円くらいで済む
こともあります。

単身パックので一番安いのは、
クロネコヤマトの13,650円(荷物少なめ)14,700円(荷物多め)
その次はアーク引っ越しセンターの14,450円(荷物少なめ)
ハトのマークの引越センターの15,800円(荷物多め) です。
ただ、時期やエリアによっても値段は左右しますから、正確なお見積もりは直接問い合わせるか、
一括見積もりサイトを利用するといいでしょう。

引っ越し代金は一人暮らしの場合できるだけ節約したいもの。できるだけ、安くてサービスの良い
業者に出会えるといいですね。

引っ越し慣れしたヒトは、「引っ越し業者を決めるのは、一括見積もりが基本!」と言います。

これで複数の引っ越し業者の相見積りができ、引っ越し費用の相場も見えてくるそうで。

しかも、引っ越し業者もお互いに比べられているとわかるから、価格競争が働いて、自社に仕事を取るためには安めの見積もりを出さざるを得なくなるわけです。

複数の引っ越し業者に見積もりを頼むと、営業がわずらわしいのでは? と思ったのですが、1社ずつ頼むほうが営業の押しも強いらしいですよ(苦笑)。

「本来△△円ですが、今、ウチに決めてくだされば、▲▲円にまで値下げします!」なんて。

ほかと比べられてしまう前に決めてさせてしまおうという腹でしょうかね。こちらもそう言われると、こちらも焦ってしまいますよね。

これも、一括見積もりをしていれば、「見積もりが出揃うまでは決めません。」と言っちゃえば、それで引き下がってもらいやすいそうです。

「これ、断るのに使える言い回しだからね。」とは、引っ越し慣れしたヒトの弁。

一括見積もりでなるべく安い見積もりを出すには、どこの一括見積もりサイトを使うか、というのも重要らしいですよ。